« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »

シグマ18-200F3.5-6.3 DC OS サーキットインプレッション



一眼レフはレンズ交換できるのがウリ。
でも交換時のゴミ侵入とかとってもとっても気になりますね、。

最初に買ったレンズがEF28-135F3.5-5.6IS、なるたけ広い画角をカバーしたかったってのも理由の一つ。(ホントはお金がなかった(^^;)
広角28mmはじまりだと物足りない、望遠135mmも中途半端。
もう少し広角側をカバーし望遠域も200mmくらいは欲しいと思っていたところ、シグマからすでに出ていたんですね18-200F3.5-6.3 DC OS。
タムロンからもここらあたり(焦点域)のレンズ前から出てましたが描写やらレンズの明るさやらで気にならなかった。
ところがシグマのはOS(オペレーティング・システムぢゃなくオプティカル・スタビライザーいわゆる手ぶれ補正)付いてるからレンズの暗さもある程度はカバーできそう。
描写に関してはあちこち探してみたりしたけど、なんかバラツキありそ。
OSも以前見たサンプルはイマイチ。
評判も・・・決定打がない。


とりあえずEF28-135なみならボクの場合問題ありません。
一度試写してみたかったけど、お店では買ってからにしてください・・・そうですか(^^;。
いろいろたくさん悩んだ末、お値段なりでも良いんでないのと気持ちが傾いてきました。
EF24-105F4LISも悪くなさそだけど24だとちーと広角物足りない、それにEF24-70F2.8Lと焦点域がダブる、でもMK2Nでも使えるんだよね。

在庫もあるし、12回金利0におもわずグラグラ・・・、気がついたら契約書にサインしてました。(^^)


さてさてさっそく試写試写試し撮り、お店でKiss DIGITAL Xに装着、店内試し撮り。
うーーん、悪くはないかも?

帰り道、いつものハトさんポイントもぬけのカラだったので動きもの試し撮りは、本日京葉スピードランドにいきました。
その前に昨日購入直後の試し撮り広角18mm1/25秒。

 ピント問題なさそ、描写もお値段以上かも?
   
次に望遠200mm1/10秒も手ブレ補正効いたのかエエ感じですよ。


でも天下無敵のOS、手ぶれ補正だぜっ!と撮るとこのザマであります。



手ぶれ補正あるなしにかかわらず常にシッカリ撮りましょう。





今日はお昼前少しばかりご近所サーキットいつもの京葉スピードランド行ってみました。
誰かしら練習走行してるでしょと思っていたらミニバイクレースやってました。
シャッター速度落とした流し撮りも予定に入っていたので28-135と共通72mmPLフィルター付けていったのですが・・・・・もしかしたら失敗だったかも?(^^;ゞ
まっ、このように緑色とかはシッカリ出るんですけどね。

 
 
 
 
 
まずは、ミニバイクレースシーンをどーぞ。

 
































ミニバイクサーキットインプレッションですが、ハッキリ言ってむずかしいです。
素直に言うとウデが悪いにつきるのですが、それぢゃつまらないので少しばかりイイワケを。
m(_ _)m

今回は一脚つかわず全部手持ち、秒3コマのKDX高速連写にAIサーボですが、ヒジョーにバイクを追いづらいのです。
理由をさがしてみるとファインダーが暗く見にくい、もともと見にくいのにPLフィルターが拍車をかけたようです、ミラーの戻りが遅くブラックアウトが長いみたい?よーな気がする。
バッテリはニッケル水素で少しばかり重くしたのですがそれでも軽く(軽すぎ)ボディも小さくホールドしにくい。
トドメはシャッターボタンかなぁ~?
重くていきなりパッチンと切れる調整の効かないバネ式シャッターが最悪でしょうか?
でもこれらの理由は普段1DMk2Nを使っているから・・だとおもいます。

このレンズ、タイミングさえ合えばとてもすばらしい性能を発揮しますよ。
ポテンシャルはあなどれないし、できればボディは20Dか30Dの方が良いと思うけどKDXでもこのレンズの性能フルに引き出せれば、すばらしい写真を撮れます。

今回少しばかりの試し撮りですが【シグマ18-200F3.5-6.3 DC OS】買って良かったと思いました。
ちょっとしたお供に一眼レフって時にも重宝しますし、モータースポーツ撮影楽しみたいけど、一眼レフ高いし良いレンズはさらに高くてなかなか手が出ないって方にもオススメのコストパフォーマンス発揮してくれそうです。
KDX+18-200OSだけでほとんどの場合、事足りてしまうかも知れないですねぇ~(^^)。

OS手ぶれ補正もキャノンISと違い流し撮りモードに自動移行するし最短撮影距離切り替えボタンもないからお気楽お気軽シャッター切るだけ。
最短撮影距離45cmってのもマル。




撮影は一時間ちょいくらいかな?お昼になったので引き上げる前に気になっていた出店?でゴハン。
チキンバジルライスですがうめぇ~~っす。

おかわりしたかったけどローンも控えてるのでセツヤクです。
このお店はニセコから出張してきてるようです、クロネコヤマト宅急便を自分で改装したとか、スゴッ。
マスターはバリバリのスノーボーダー、もしかしたらプロかも?


サーキットのヌシが俺にも喰わせろとゴネてました。(^^;




画像はEXIFを残してありますので参考に・・・なるかな?。

実写サンプルオリジナルをキャノンイメージゲータウェイに何枚かアップしたので見てね(^_-)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年9月 »